Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

stuff

あれこれ

リソースコンペティションとナショナリズム

ヨーロッパで生まれる Far right に関するエピソード。おもしろかったのは: Harvard Buisiness Review? の研究。ソマリアの人たちに自分のアイデンティティを答えてもらう研究で、昔は「わたしはソマリア人」と言っていたが、飢餓が進むにつれて(リソースが減るにつれて)アイデンティティが「自分たちの clan」になり、それがすすむについれて、「clanのサブグループ」になったり。Far right が生まれるのもこれではないかと。リソースコンペティションが進むにつれて、自分たちは「世界市民」ではなく「自国」をアイデンティティとしてもつようになる。進化論的にとてもメイクセンス…もしそのような思考回路が脳にワイヤリングされてるんだとしたらいまの Far Right movement はどうしようもないのか?

そして相変わらず面白すぎる The Expanse を見ても同様のことを思う。昨日は Season 2 Episode 6-7 あたりを見たけど、新しいテクノロジーや武器をどうすべきかについてみんなが思いを巡らせている。Jim Holden はみんなが仲良く平和になればいいと思ってるから武器を破壊しつくしたいし、Fred Jonson はいい奴と思いきや搾取され続けるBelterも地球や火星と対等に戦うためにミサイルを奪うし(そしてNaomiも結構このグループ)、Earth も Mars も戦いたくないがお互いの腹を探り合っている(民主党と共和党の戦いがロシアの陰謀でかき回されているような感じか…?)。しかも誰が悪いとか悪くないとかじゃなくて、みんなのいうことが一理あるのだ。結局はリソースが限定されているときに誰かが犠牲にならないと世界が回らなくて、弱者は徐々に搾取され食いつぶされていくのだ。だからみんな自分たちを守るために力をもちたがる。The Expanse 見てると数百年後も銀河系をコロナイズしたとしても別に今ある問題は解決してなくてますます大きくなってるかも、と思うと、まあ私たちは自分の人生をそれなりに幸せに全うすることがいちばんかもしれない。むかしペストが流行ってそれを解決したときのように、今は環境問題がひどくてたくさんの人は死ぬけどなんとか科学技術の力で切り抜けて、でもその頃にはまた大きな脅威が待ち受けてるのかもしれないし、まあトラブルを解決することが人間の生きがいとなるとは誰かが行っていたけど、物理法則的に時間と空間が存在し続ける限り人間は前に進む努力をやめないのかもしれない。進化素晴らしい。